自動車保険 人身傷害補償保険について

 保険金が払われるケース、払われないケースについては約款に書かれていますが、きちんと読んでいない、あるいは読んだけれどいまいちよく理解できないという方も多いようです。約款の内容や表現は各保険会社によって異なりますし、補償内容も契約によって異なりますが、保険金が払われないケースについて基本的な条件をあげておきます。
heya
 人身傷害保険では契約した車に乗っている運転者と同乗者が対象ですが、被保険者の故意または重大な過失であった場合、また無免許運転だった場合、被保険者の闘争行為・自殺行為または犯罪行為による場合、保険金は支払われません。酒気帯び運転や麻薬を使用しての運転、病気や心神喪失で正常な運転ができない場合にも受け取れません。被保険者が自動車の所有者から承諾を得ずに運転した場合も拒否されます。

 このように自動車保険に加入してさえいれば、どんな事故でも請求すれば保険金が支払われるというわけではありません。約款に関する疑問は保険会社に尋ねれば詳しく説明してもらえますので、契約前に特徴を確認しておくことが大切です。

交通事故弁護士で重傷を負った場合

重傷の場合、慰謝料や逸失利益がとても大きく増額する可能性が高いです。弁護士に相談するのは必須といえます。もし山口県付近、広島県などに在住でしたら、
山口県の交通事故被害者側弁護士に相談することをおすすめします。